男性と女性、お互いの役割と意味。

「透明なゆりかご」というドラマを偶然目にして、

見たのは一部だけだったけど、親子の不器用だけど深い愛情を描いたものなんでしょうかね?

 

そんな親子の愛を考えながら帰り道。

ふと『親子の愛』って、『男女の愛』に似ているな〜とヒラメクっ✨

 

【男性】は、

母を純粋で無条件に愛する子供のよう。

どんな母だっていい。

時に自分を犠牲にしても、母が喜んでくれるなら、それが幸せ。

無邪気に、純粋に、ただただ愛する。

 

【女性】は、

心の奥の寂しさと悲しさを抱えたまま、

そんな子供を自分勝手に叱りつける母親のよう。

思い通りにしてくれなければ怒り、

思うようにコントロールしようとする。

でもそれは、

本当は自分が寂しくて寂しくて、悲しくて悲しくて、不安で不安で、

どうしたらいいのかわからないから。

 

***

 

【男性】にとって女性の意味は、

喜ばせてあげることで、自分の価値をはかる・確認すること。

だから、女性にはいつも笑っていてほしい。

幸せでいてほしい。

 

だから、喜んでもらえずに、いつも怒ってばかりの女性と一緒にいると、

自分にはそれほどしか価値がないんだと自信をなくしてしまう。

そしていつしか、無邪気に愛情を表現することをあきらめる。

 

【女性】にとって男性の意味は、

無条件の愛を知ること。

どんな自分でも、愛していいんだ、愛されていいんだという自己愛を知ること。

だから、どんな自分でもいつも愛していてほしい。

 

だから、常にいろんな方法を使って、目に見える形で愛を表現してくれないと、

自分は愛されていないのかもしれない、とすぐに不安になる。

それが続くと、自分は愛される価値がない人間なんだと、

悲しみの中で生きることをあきらめて受け入れるようになる。

 

男性も女性もそれぞれのテーマを持ちながら、

関わり合って学んで成長していくのかもしれませんね😊

 

「結婚」は新たな学びの修行へ突入すること
ってどこかで聞いたことがあるけれど、

やっぱり男女は学び合いの関係なんだな〜と思ったこの頃でした✨

 

【 今日のつぶやき 】

記念日に彼からバラのプレゼント❤️

とっても嬉しいっ😍

でも、受けとってよろこんでいる私を見て、

彼もまた喜んでくれた✨

お互いによろこびを与えあっている、ね。

自己愛無料レッスンモニター募集中❤️

【特別企画】無料プレゼント!こちらから👇

ABOUTこの記事をかいた人

MIE AZUMA*

ビジョン心理学リレーションシップセラピスト。 1994年6月25日生まれ。北海道札幌市在住。 HSP・エンパス気質で幼少期から自分を嫌い、生きづらさに苦しむ。精神疾患と不登校を経験。 スピリチュアルと心理学の融合「ビジョン心理学」との出会いをきっかけに、人間の深層心理と癒しに向き合い、自己愛が高まったことで人生が大きく好転。 現在は、HSP・エンパスが自分を愛し幸せに生きる道を示すため、個人セッションやイベント/ブログ/SNSなどで活動中。