自分の好きなもの・やりたいことがわからない理由

好きなもの

こんにちは😊

ビジョン心理学リレーションシップセラピストの美栄です✨

 

特に20代の方、まだまだ人生これからなのに、

 

「自分の好きなことがわからない」

「将来やりたいことって言われても、特にない」

 

なんて人、今すっごく増えてます。

 

ということで今回は、

「自分の好きなもの・やりたいことがわからない理由」

についてお話ししていこうと思います😊

 

ちなみにこの記事を書いている私も、

 

数年前まで自分が何が好きなのか、

さっぱりわからなくなっていたうちの1人です。

 

というか、

「自分の好きなことがわからない」ということにすら、

気づいていませんでした😅

 

でも今は、

自分の本当に好きなことがわかりますし、

今は好きなもの自体が人生そのものになっています❤️

 

私自身の経験も盛り込んで書いているので、

 

この記事を読むことで、

「自分の好きなもの・やりたいことがわからない理由」がわかると同時に、

これから自分の「好き」を見つけていく方法もわかるはずです✨

 

***

 

さてさて、

「自分の好きなもの・やりたいことがわからない」

 

いきなりですが結論から言うと、

その「理由」は、

 

幼少期から、

自分の好みを捨てて、

親の好みを採用してきたから

 

であります👆

 

これは、

 

両親が支配的だったり、

自分の好みを子供に強要していた場合もそうだし、

 

両親にそのつもりがなくても、

 

もともと霊能体質の子だったり、

相手の感情がなんとなくわかってしまう敏感な子だった、

なんて場合にも起こります。

 

こういう人は、

 

自分の好きなものを言ったら、両親が怒った(否定した)。

自分の好きなもの言ったら、両親ががっかりした顔をした。

 

あるいは、

 

両親が好きなものを言ったら、褒められた。

両親が好きなものを言ったら、嬉しそうな顔をしてくれた。

 

という体験を大抵しています。

(ちなみに私もバリバリそう👈)

 

そして、

 

自分の「好きなもの」はダメなんだ。

自分の「好きなもの」は大好きな人を悲しませるんだ。

 

というショック(ハートブレイク)から、

 

『自分の好みを選ぶよりも、

親の好みを選択した方が、

愛されるんだ・悲しませなくて済むんだ』

 

と言うことを学びます。

 

それからは、

 

「自分の好きなもの」を心から追い出して、

「親の好きなもの」を採用するようになり、

 

そして、

 

「親の好きなもの」を、

「自分の好きなもの」だと思い込むようになります😅

 

例えば、

 

行きたい大学も進路も、

「自分が本当に行きたい道・好きな道」ではなくて、

 

無意識に、

「親が喜んでくれそうな進路・道」

「親を悲しませない進路・道」を選んで、

 

それを「自分で選んだ進路・道」だと思っていたりする。

 

今まで自分が選んできたものは、

本当は「親が望んでいたもの」ではなかったか?

 

ぜひ今、自分に聞いてみてください😇

 

***

 

さて、

「あー思い当たるかも」なんて思ったあなた。

 

「自分の好きなもの・やりたいことがわからない理由」

は、それなんです。

 

大人になってからの人間関係の「原型」となるのは、

両親との関係✨

➡︎ 彼氏との関係性を根本的に解決するために知っておくこと

 

なので、子供の頃にできた、

 

『自分の好みを選ぶよりも、親の好みを選択した方が、

愛されるんだ・悲しませなくて済むんだ』

 

という価値観✨

 

自分の「好きなもの」はダメなんだ。

自分の「好きなもの」は大好きな人を悲しませるんだ。

 

という思い込み✨

 

自分の「好き」という感情を抑えこんで、

その代わりに「誰か」を基準に、

(彼氏、友達、周りの人、世間…など)

 

その人が好きそうなことをする

その人が好きそうな服を着る

その人が好きそうな自分になろうとする…

 

ということを大人になってからも繰り返します。

 

するとどうなるかと言うと…

 

「自分の好きなものがわからなくなる」

わけですね✨

 

***

 

「自分な好きなもの・やりたいこと」を見つけ出すためには、

 

まずは、

「自分の基準は他人にあるのかもしれない」

と気づいて、受け入れてみること😊

 

何事も、「気づく・受け入れる」ことが関門。

そこを通り抜けない限り、先へは進めません✨

 

怖いかもしれませんが、

 

「もしかすると自分が好きだと思っていたものは、

親が好きだったものだったかも…」

 

「もしかすると自分が選んできたものは、

親・彼氏・友達・世間が望むことだったのかも…」

 

と思ってみる✨

 

そしてそして、

「小さい頃好きだったもの」に改めて触れてみること。

 

私はこれがすごく役に立ちました😇

 

小さい頃大好きだったファンタジー児童書を

図書館で借りて読んだり、

 

イラストを描くのが好きだったので

また描いてみたり、

 

ダンスが好きだったので

ノリノリの洋楽で適当に踊ってみたり💃

 

こうすると、

「あ、これが”好き”っていう感覚かも」って思い出します❤️

 

「好き」ってどういう感覚か、

「好きなことをする」ってどういう感覚か、

「好き」なものに対してどんな感じでワクワクするのか、

 

長いこと封印していたその感覚を、

思い出すことができるんですね😋

 

ぜひ、あなたの「好き」という感覚を取り戻すためにやってみてください。

 

そして、知りましょう。

あなたはもう、自由なんです✨

 

親に好かれるために、愛されるために、

もう、あなたの好きなものを犠牲にしなくていい。

もう、あなたの好きなものを譲らなくていい。

 

自由すぎて逆に悩むいまの時代、

 

あなたの「好き」は、

あなたの人生の大事な羅針盤です。

 

そして「好き」を失うことは、

人生で道に迷うことを意味します。

 

だからこそ、

 

親の好みを手放し、

彼氏の好みを手放し、

友達の好みを手放し、

世間の好みを手放し、

 

「あなた」の「好き❤️」をしっかり取り戻しましょう😊

 

「取り戻したい!」というその強い意欲がまた、

それを叶えてくれますよ✨

 

 

※ちなみに「好き」と気づかずに、

気づいたらずっとやり続けていることもあります。

 

これは別名『才能』というもの✨

 

才能の見つけ方については、こちらの記事で書いています🌻

➡︎執筆中…

 

 

自己愛無料レッスンモニター募集中❤️

【特別企画】無料プレゼント!こちらから👇

ABOUTこの記事をかいた人

MIE AZUMA*

ビジョン心理学リレーションシップセラピスト。 1994年6月25日生まれ。北海道札幌市在住。 HSP・エンパス気質で幼少期から自分を嫌い、生きづらさに苦しむ。精神疾患と不登校を経験。 スピリチュアルと心理学の融合「ビジョン心理学」との出会いをきっかけに、人間の深層心理と癒しに向き合い、自己愛が高まったことで人生が大きく好転。 現在は、HSP・エンパスが自分を愛し幸せに生きる道を示すため、個人セッションやイベント/ブログ/SNSなどで活動中。