HSPはうつ病になりやすいの?理由と大事な対処法

HSPうつ病

こんにちは✨

ビジョン心理学リレーションシップセラピストのあずまみえです😊

今日は、

こんな方へ向けた記事

  • HSPってうつ病になりやすいの?その理由は?
  • HSPのうつ病の予防・対処法を知りたい

という方へ向けて、『HSPがうつ病になりやすい理由と対処法』をまとめました。

これを書いている私も、HSP・エンパス仲間でございます🙋‍♀️

うつ病とまでは診断されませんでしたが、高校生から自律神経失調症と神経症を発症しました✨

ということで、私自身の経験もふまえて、お伝えしていこうと思います。

※この記事は医学的な根拠に基づいた内容ではなく、個人の見解です。

HSPはうつ病になりやすい?

「HSP」はうつ病になりやすいのか?」という疑問と不安…。

結論から言うと、「HSPはうつ病になりやすい」というのが私の答えです。

その理由は、HSPの持つ「特性」にあります✨

私はその特性にまんまとやられ…気がつくと

うつ病の一歩手前の精神疾患を、2つも診断されることになりました😭

なぜHSPは、うつ病などの精神疾患にかかりやすいのか?

その理由と特性を次で見ていきましょう。

HSPがうつ病になりやすい3つの理由と特性!

うつ病などの精神疾患にかかりやすくなる、HSPの「特性」は、次の3つ。

HSPの特性①自分を責める・自己嫌悪

HSPは自己肯定感が低く、自分を責めるクセがあったり、自己嫌悪で自分を嫌っている人がとても多いのが現状。

しかも、それが”当たり前”になってしまっているので、なかなか気付かずに無意識に自分を苦しめ続けているんですね。

特にHSPは人付き合いが苦手なので、うまく人と関われない自分を責めたり、自己嫌悪に陥ります。

また、自分の敏感な性質やくよくよ気にしすぎてしまうところなど、自分の性格を責めることもよくあります。

こういった「自己攻撃」が心の負担になって積み重なり、うつ病の原因になる可能性があります。

HSPの特性②他の人の苦しみも背負う

信頼

HSPは他の人の感情も、自分の感情のように感じてしまいます。

そして、特に”ネガティブな感情”には反応しやすいという性質があります。

家族や友達、周りで苦しんでいる人がいると、その苦しみを感じて自分も辛くなってしまうんですね。

自分の苦しみや生きづらさに加えて、他の人の苦しみまで背負ってしまうのがHSP。

特に身近な人の病気や介護など、長期的にその人の苦しみを背負ってしまう場合は、うつ病につながることもあります。

HSPの特性③生きづらくストレスがかかる

大事にされない

他にもHSPは、そうでない人に比べて日常生活でのストレスがたくさんあります。

  • 人とうまく関われないことのストレス
  • 社会に適応できないストレス
  • 光や音・匂いなどに敏感に反応し、不快感を感じるストレス
  • 仕事が続けられない、できないストレス
  • 暴力的・グロテスクなものに対する強いストレス
  • 落ち込みやすく引きづりやすい性質によるストレス

などなど…。

HSPは他の人よりも、日常生活でストレスを感じる場面が多いのが事実。

自分なりにうまく予防や対処する方法を身につけていないと、ストレスが募って大きな苦しみにつながります。

HSPがうつ病を予防するたった一つの方法

HSPは、その特性からうつ病にかかりやすい…

でも!!それを予防できる方法がちゃんとあります✨

最後にそれをご紹介しますね☺️

HSPをうつ病から守るのは『自分を愛する』こと!

ラベンダー

HSPがうつ病を予防するたった1つの方法。

それは、『自分を愛すること』❤️

HSPがうつ病になりやすいのは、”HSPだから”ではなく、”自分を責めるから”です。

HSPでうまく生きられない自分が許せない、HSPである自分を受け入れられない…

つまり、「自分を愛せない/自分が嫌い」

実はこれが、HSPが苦しむもっとも根本の理由なんですね。

HSPは、他人を優先して生きてきたので、自分を尊重せず、ないがしろに扱うクセがついています。

『自分を愛する』というのは、人間が生きていく上で欠かせない”土台”であり、”自分軸”です。

HSPはそれを欠いているからこそ、余計に他人の機嫌に左右されたり、苦しい状況でもその場を去れずに、辛い思いを重ねてしまうことになります。

HSPが自分を愛するとどう変わるか?

手放す

私自身HSPで長年苦しんできましたが、『自分を愛する』という生き方を土台にしてから、本当に人生が生きやすくなりました。

  • うまく人と関われなくても、自分を責めずに許してあげられる
  • 自分にストレスがかかる場所(音・匂い・人混み)からすぐに去れる
  • やりたくないこと、行きたくないものを断れる
  • 人の機嫌に左右されづらくなる
  • 人目を気にせず自分の好きなことができる
  • いまの自分に自信が持てる

…などなど、私が体験した変化はたくさんあります✨

もちろん、HSPという性質は消えません。

これは一生持ち続けると思います。

でも、「自分を愛する」ことを人生の土台にしてからは、HSPは”やっかいな性質”ではなく、”魅力的な才能”に変わったんですね❤️

いまはこの才能のおかげさまで、カウンセラー/セラピストの仕事ができています。

同じHSPという性質を持っていても、「ビクビクした苦しい人生」を送るか「自分らしい幸せな人生」を送るか…

その違いこそが『自分を愛する』ということなんです😊

HSPが自分を愛する方法!

とはいえ、「今日から自分を愛しましょう!」と言われても…できません😳

大丈夫です、それが当たり前!

だって、今までそんな生き方、知らなかったから。誰も教えてくれなかったから。

それは、あなたがこれから身につけていけるものです。

『自分を愛する』というのは、ある意味で”新しい習慣”の1つ

なので、1日にしてならず、ですが、継続していけば誰でも必ずたどり着くことができます。

『自分を愛する』という新しい生き方をはじめるには、いろんなアプローチ方法がありますので、

このブログで徹底的にいろんなやり方をご紹介しています❤️

例えば、今日からすぐできるわかりやすい方法はこの2つ⬇︎

その他にも、

自分を愛するカテゴリ

でたくさん書いているので、参考にどうぞ(これからもどんどん更新していきますよ〜)✨

また、『敏感な人のための”自分を愛する”メルマガ♡自分軸で満たされて生きる』では、週1回のペースで、HSP・エンパスが自分を愛するためのヒントをお話ししています。

メルマガは、継続してしっかり身につけるのための「リマインド」にもなります😊

自分にあった方法で学んでみてくださいね❤️

 

 

自己愛無料レッスンモニター募集中❤️

【特別企画】無料プレゼント!こちらから👇

ABOUTこの記事をかいた人

MIE AZUMA*

ビジョン心理学リレーションシップセラピスト。 1994年6月25日生まれ。北海道札幌市在住。 HSP・エンパス気質で幼少期から自分を嫌い、生きづらさに苦しむ。精神疾患と不登校を経験。 スピリチュアルと心理学の融合「ビジョン心理学」との出会いをきっかけに、人間の深層心理と癒しに向き合い、自己愛が高まったことで人生が大きく好転。 現在は、HSP・エンパスが自分を愛し幸せに生きる道を示すため、個人セッションやイベント/ブログ/SNSなどで活動中。