小さい頃にできあがった「パターン」の役割

光が降り注ぐ

困りごと。心配事。うまくいかない恋愛関係。人間関係。仕事…

いろんな面で繰り返す「パターン」というものが人にはあります🌸

 

「いつも暴力的な人と付き合ってしまう」

「いつも仕事であと少しのところでミスをして台無しにしてしまう」

 

などなど…

 

実はそれはどれも、

「小さい頃に身につけたパターン」が元になって引き起こしているものです💡

 

つまり、形や状況・人を変えて「小さい頃のパターン」がいまだに何度も出現しているということ。

 

 

だから、長年問題を抱えている時、

そこには必ず「根本のパターン」というものがあります。

小さい時に身につけたパターン。

 

 

「でもどうしてこんな邪魔なパターンをわざわざ」って、

大人になって迷惑しているあなたは思うかもしれませんね。

 

では、

小さい頃の自分は、どうしてんそんな「パターン」を作ったのか。

 

 

それは、

「自分を守るため」です✨

 

そして、「自分を守る」とは、

「生き延びる術」であり

「愛されるための術」でもあります。

 

 

どういうことかというと…

 

小さい頃は、親に見放されると自分一人では生きていけませんでしたよね。

 

今考えれば実際は何とかして生きていけると思うけど、

でもまだ小さかったあなたは、本気で生きていけないと思っていたはず。

 

だから子供にとっては、

「親に愛される」ということが「生き延びる術」。

 

つまり、

生き延びるために、愛されなければいかなかったんですね✨

 

だから、なんとかして愛される方法を探して、考えて、

そして、

今のパターンにたどり着いたわけです。

 

 

例えば、何をやってもうまくいかない。

それは、「両親より幸せになっては見放される。だから、かわいそうな子でいることで愛される」というあなたの生きる術なのかもしれません。

 

例えば、人の顔色をいつも伺ってビクビクしている。

それは、「両親の機嫌を損ねると命の危険を感じる。だから、少しでも早く機嫌を察知して防ぐ」というあなたの生きる術かもしれません。

 

例えば、自分を愛することができない。

それは、「自分を愛すると両親に見放される」とあなたが感じた何かの出来事があって、

だから「自分を愛していない姿」を演じているのかもしれません。

 

本当は、すごく愛しているのに。

 

 

小さい頃のあなたは、

どんな術を必死に編み出したのでしょうか?💡

 

繰り返し同じパターンで問題が起こる時は、

まだ、

こわくて、不安で、そのパターンをにぎりしめているということです。

 

あなたの中にいるもう一人の小さいあなたが、必死に。

生き残れるように、愛されるように。

 

 

でも、本当はもういらないんです✨

親に愛されなくても、あなたは一人で生き延びることができます。

 

だから、

「もう大丈夫だよ」

「それ、手放して大丈夫だよ」

って、言って自分に伝えてあげましょう☺️

 

小さい頃に作った「パターン」から抜け出す具体的な方法は、

また今度くわしくお話ししたいなと思います。

 

【 今日のつぶやき 】

とってもオシャレなカフェ。

女子って好きだよね〜オシャレなカフェ💕笑

だって、素敵なんだもん。

自己愛無料レッスンモニター募集中❤️

【特別企画】無料プレゼント!こちらから👇

ABOUTこの記事をかいた人

MIE AZUMA*

ビジョン心理学リレーションシップセラピスト。 1994年6月25日生まれ。北海道札幌市在住。 HSP・エンパス気質で幼少期から自分を嫌い、生きづらさに苦しむ。精神疾患と不登校を経験。 スピリチュアルと心理学の融合「ビジョン心理学」との出会いをきっかけに、人間の深層心理と癒しに向き合い、自己愛が高まったことで人生が大きく好転。 現在は、HSP・エンパスが自分を愛し幸せに生きる道を示すため、個人セッションやイベント/ブログ/SNSなどで活動中。