宇宙人ってどんな存在?次元や仕組みをわかりやすく解説

宇宙人。

このブログを読んでくださっているあなたは、その存在を疑ってはいないかもしれません。

最近の科学でも、「宇宙人が存在しないと逆におかしい」と言われるほどですよね。

 

今回は、

「宇宙人とはどういう存在なのか」ということについて、

その次元や仕組みなどを「外国人」に例えてわかりやすく解説してみようと思います✨

 

宇宙人の存在を知るには、

まず宇宙人を「外国人」に例えるととてもわかりやすく理解できます。

 

まずはこれを読んでみてください🔻

 

***

 

1つの地球上に「国」というそれぞれのまとまりがありますよね。

私たちは移動し、「国境を越える」ことでいろんな国を行き来できます。

 

そしてその国には、

それぞれその国の気候やその他の条件に沿った「人」が住んでいます。

 

紫外線の強い土地にある国では、体を守るために皮膚の黒い黒人が、

日光の少ない国では、光をより取り込めるように白人が、など。

 

そして、

その国それぞれに独特の個性的な「文化」があり「得意分野」があります。

 

日本人は几帳面で手先が器用、

欧米人はオープンでコミュニケーション力が高い、などですね。

 

そしてもちろん、それぞれの国にその国の「言語」があります。

 

それぞれの国は互いに助け合いながら、

1つ同じ「地球」という星の上に存在しています。

 

***

 

実は、宇宙人もこれに置き換えて、まったく同じことが言えます。

 

では、置き換えてみましょう✨🔻

 

***

 

1つの大宇宙に「星」というそれぞれの点があります。

私たちは移動し、「次元を超える」ことでいろんな星を行き来できます。

 

そしてその星には、

それぞれその星の気候やその他の条件に沿った「生命体」が住んでいます。

 

紫外線の強い土地にある星では、体を守るために皮膚の黒い生命体が、

日光の少ない星では、光をより取り込めるように生命体が、など。

 

そして、

その星それぞれに独特の個性的な「文化」があり「得意分野」があります。

 

ある星の人たちは高いヒーリングの能力を持ち、

またある星の人たちは、勇敢で決断力に富んでいる、などです。

 

そしてもちろん、それぞれの星にその星の「言語」があります。

 

それぞれの星は互いに助け合いながら、

1つ同じ「大宇宙」という存在の中に存在しています。

 

***

 

どうでしたか?✨

 

「外国人」という言葉も、

「外国 ➡︎ 地球外」「人 ➡︎ 生命体」と置き換えればぴったりと「地球外生命体」となります。

 

 

ただし、外国人と宇宙人の話の中で、

確かな「違い」というのも存在しています。

 

それは、

先ほどの中でいうと「次元を移動することで星を行き来できる」という箇所。

 

これは、

「高い次元から低い次元」に行くことは自由にできても、

「低い次元から高い次元」に行くことはできない、というのが正確です✨

 

 

だから、

地球よりも高い次元に住む宇宙人たちが、

次元を超えて地球にどれだけコンタクトできても、

 

次元の低い側の地球人は、(少なくとも何の助けもなしには)その存在をすっかり目にすることはできないわけですね😀

 

 

今回の「外国人」の例えでわかるように、

 

地球人と宇宙人は、

お互い住む「次元」は違っても、同じような仕組みで生きています。

 

姿かたちは違えど、

同じように肉体を持ち、文化を持ち、生活しているんですね!

 

今回はそのことが伝わればと思います🌍✨

 

【特別企画】無料プレゼント!こちらから👇

自分を愛する実践! 6つの魔法のワークブック-2

毎月7名限定❤︎無料オラクルカードリーディング

ABOUTこの記事をかいた人

MIE AZUMA*

ビジョン心理学リレーションシップセラピスト。 1994年6月25日生まれ。北海道札幌市在住。 HSP・エンパス気質で幼少期から自分を嫌い、生きづらさに苦しむ。精神疾患と不登校を経験。 スピリチュアルと心理学の融合「ビジョン心理学」との出会いをきっかけに、人間の深層心理と癒しに向き合い、自己愛が高まったことで人生が大きく好転。 現在は、HSP・エンパスが自分を愛し幸せに生きる道を示すため、個人セッションやイベント/ブログ/SNSなどで活動中。