「お金を稼ぐ」とはどういうことか?次世代の価値観

「お金を稼ぐ」とはどういうことか。

考えてみたことがあるでしょうか?😊

 

「仕事をすることだ」

「大人になるとやらなければいけないことだ」

「生きるための手段だ」

 

などなどいろんな答えが出てくるかもしれませんが、

 

今回は「お金を稼ぐ」ということに関しての、

「次世代価値観」をシェアしようと思います!✨

 

「次世代価値観」とは?…アセンション(次元上昇、簡単に言うとレベルアップ)が進んだ新時代の地球でメインとして採用される新しい価値観のこと。

 

***

 

「お金を稼ぐ」ということは、

「社会・コミュニティに価値を提供すること」ですよね。

 

これは何も新しいことではありません✨

 

「お金は信用」という考え方が広まりましたが、これもまた同じこと。

 

社会・コミュニティにあなたの価値を提供した分だけ、「信用=お金」が得られるという仕組みが地球にはあります😊

 

「お金」はもともと物々交換からはじまり、

より便利にその手順が行われるようにと生まれたものです。

 

つまり、「お金」には「価値の交換」という概念が含まれるということ。

 

だからこそ、

 

誰かを騙してお金を得たり、

不正をしてお金を得た人は、

一時はそれで稼げたとしても、

必ずいつかそれがバレてしまい、お金を「持ち続ける」ことはできませんよね。

 

また、宝くじも同じことです。

 

一攫千金で億単位のお金を得ても、幸せになるどころか、

多くの当選者があっという間にそのお金を使い果たし、

宝くじに当たる前の生活よりも苦しい生活に転落するケースがほとんど。

 

どちらも、

「社会・コミュニティに価値を提供」していないからです。

 

「与えるだけ」や「もらうだけ」では、

「交換」とは言いませんよね😊

 

だから、

もしあなたが、社会・コミュニティに価値を提供し続けることができれば、

提供したその価値の分だけ、

あなたの元にはお金がやってき続けます。

 

***

 

さて、

ここからが次世代の価値観、新しい価値観😊

 

今までの社会では、

「労働者として社会の歯車の一つとなって働く」ことが、社会に提供できる一般的な価値とされてきました。

 

バブル期などを見ると、

そういう働き方でみんな十分なだけのお金をもらっていましたから、

そういう働き方でも十分「社会に価値を提供」できていた、

それが大事な役割を持っていた時代と言えるでしょう。

 

でも、時代が変わり、

私たちは少しずつ気がつきはじめています💡

 

本当はそれぞれ個人が、

もっとそれ以上の価値を持っているということに✨

 

ただ「歯車の1つ」として働く以上に、

もっと社会に与えられる素晴らしい価値があるということに✨

 

社会自体もそういう風に変わってきていますよね。

 

だからこそ、

どんなに労働を頑張ってこなしていても、

「ワーキングプア」やそれに近い不満を抱え人たちが増えてきているのです。

 

では、

私たちが提供できる「もっとも価値のあるもの」とは一体なんなのでしょうか?

 

それは、

「自分らしさ✨」

です。

 

言い方を変えると、

人は自分らしく生きる時に、

もっとも周り・社会に対して価値を与えることができる、

とも言えます。

 

労働は「学校」に似ていますが、それよりももっと過酷な部分がありますよね😣

会社のためのいいパーツをなるように、自分らしさを削り、会社にとって都合のいい能力を伸ばすように促されます。

 

でも、それでは全然「自分らしさ」は発揮されません。

 

社会に対して価値は与えているものの、

「みんなが同じ駒」になっていては「最高の価値」は生まれないのです。

 

「自分らしさ」とはこの世界にたった一つのものであり、

「その人にしかできないこと」です🌻

 

「自分らしさ」とはその人自身であり、

その人の魂のミッションでもあります。

 

これほど価値のあるものが他にあるでしょうか?✨

 

***

 

今まで「雇われる労働」が価値となっていた社会から、

「自分らしさ」が価値として尊ばれる時代に変わってきています。

 

これからの時代で「お金を稼ぐ」ということは、

「自分らしさ」をいかに社会に役に立つ形で提供できるか、です。

 

まさに、新しい時代ですね✨

 

自己愛無料レッスンモニター募集中❤️

【特別企画】無料プレゼント!こちらから👇

ABOUTこの記事をかいた人

MIE AZUMA*

ビジョン心理学リレーションシップセラピスト。 1994年6月25日生まれ。北海道札幌市在住。 HSP・エンパス気質で幼少期から自分を嫌い、生きづらさに苦しむ。精神疾患と不登校を経験。 スピリチュアルと心理学の融合「ビジョン心理学」との出会いをきっかけに、人間の深層心理と癒しに向き合い、自己愛が高まったことで人生が大きく好転。 現在は、HSP・エンパスが自分を愛し幸せに生きる道を示すため、個人セッションやイベント/ブログ/SNSなどで活動中。