変化を感じてきたときに知っておきたいこと

「自分を愛せるようになろう」

「人目を気にしないようになろう」

「他人の気持ちを感じ取りすぎないようになろう」

 

自分を見つめていくうちに、

「もっと楽に生きられるように、これをやってみよう、こうなってみよう」

って思うことあると思います。

 

「変わろう」って思ってるとき✨

 

こういうときに、

「意識しているのにできるようにならない!!」

と葛藤するときもあれば、

 

だんだんとその葛藤も乗り越えて、

変化が現れてくることもある✨

 

いま葛藤している人は、こちらの記事が参考になると思います☺️

➡︎ 「やっぱりできないじゃん」と落ち込む人が勘違いしている2つのこと

 

いま、変化を感じている人。

 

いままで感じたことのない開放感や楽さだったり、

少しずつできるようになってきている自分への嬉しさだったり😊

 

そんな人がいま、知っておきたいこと。

それは、

 

 

「行き過ぎちゃってもいい。またもどってくればいい。」

 

 

???

えっ、なにが?

 

 

いろんな人生の先輩に会ってお話を聞かせていただいたり、

本やブログなどで読ませていただくと、

 

多くの方が、一度は「行き過ぎる」という経験をされています✨

特に、「手放し、解放」に向かって進んでいるとき。

 

***

 

この「行き過ぎる」とはなにかというと。

 

例えば、いままで自分を押し殺して相手に合わせてきた人が、

少しずつ自分の意思を大事にできるようになってきたとき。

 

「自分の意思を大事にする」というのは本当は

「自分の意思も相手の意思も大事にする」ということだけど、

 

ついつい変化してきた自分にばかり意識がいってしまって、

 

相手の意思をねじ曲げてまで自分の意見を通そうとしたりとか、

「私は絶対にこうするから!」って頑固になってみたりとか、

してしまう。

 

それで、急に人間関係が崩れてしまったり…という事態になる。

 

これが「行き過ぎ」。

 

 

こうやって書くと一見悪いように見えるけれど、

 

いいんです。

変化の健全な過程を進んでいる証拠だから。

 

 

どんなに素敵な人だって、

今は本当に解放されて自分らしく生き生きと生きている人だって、

 

昔は苦しかった。

でも、抜け出してきた。

そして抜け出した勢いで、ちょっと行き過ぎた。

でもまた、今度はバランスをとって戻ってきた。

 

 

「振り子の法則」ってありますよね✨

 

 

いままで「自己肯定感低すぎ」に思いっきり触れていた振り子。

変化して解放されて、

ぐわぁ〜んっ!!って思い切り逆側に振れる。

一時期は「自己肯定感高すぎ、傲慢」になる。

でも、

どちらにもしっかり振れているからこそ、

どちらも知っているからこそ、

 

その間のちょ〜どいいバランスがわかる✨

 

そして今度は、

その真ん中に戻ってくることができる。

(こんな感じ?✨)

 

だから、

 

もしかしたら「行き過ぎ君」になるかもしれない。

でも、

それでいいんだ。順調なんだ。

 

って自分を許してあげましょう🌻

 

こうやってはじめから自分を許しておくと、

「行き過ぎてはダメだ!」という変なブロックがかかって、

結局突破できない!という事態の予防にもなりますね。

 

ゴーゴー‼️

安心して行き過ぎましょう🚃✨

 

【 今日のつぶやき 】

メガネ on メガネ。

めがね on めがね。

👓。

【特別企画】無料プレゼント!こちらから👇

自分を愛する実践! 6つの魔法のワークブック-2

毎月7名限定❤︎無料オラクルカードリーディング

ABOUTこの記事をかいた人

MIE AZUMA*

ビジョン心理学リレーションシップセラピスト。 1994年6月25日生まれ。北海道札幌市在住。 HSP・エンパス気質で幼少期から自分を嫌い、生きづらさに苦しむ。精神疾患と不登校を経験。 スピリチュアルと心理学の融合「ビジョン心理学」との出会いをきっかけに、人間の深層心理と癒しに向き合い、自己愛が高まったことで人生が大きく好転。 現在は、HSP・エンパスが自分を愛し幸せに生きる道を示すため、個人セッションやイベント/ブログ/SNSなどで活動中。