投影に対する2つの反応パターン【投影について❷】

投影2

「投影」シリーズ、今回は第二回✨

 

  1. 「投影」とは何か?
  2. 投影に対する2つの反応パターン(⬅︎当記事)
  3. 投影の法則を「癒し」に活用する方法

 

今回は、

「投影」を自分に当てはめた時に起こる、

2つの反応のパターンと、

その理由についてお話しします🌹

 

前回の記事をまだ読んでいない方は、

まずはこちらの記事を読んでから、当記事を読むことをおすすめします😇

➡︎ 「投影」とは何か?【投影について❶】

 

***

 

さて、前回の記事の最後で、

 

”「投影」の法則を自分に当てはめた時に

2つの反応に分かれる”

 

とお話ししました✨

 

1つは、

「なるほど〜!納得!確かに確かに!!」

という反応。

 

もう一つは、

「え…全然当てはまらないし。ってか私全然〇〇じゃないし」

という反応。

 

これは人によって違うというより、

正確には、

 

「投影」の内容によって、

1人の人間でもその都度変わってきます✨

 

これについて説明するために、

「投影」に気づくワークを一緒にやってみましょう!😆⬇︎

 

***

 

❶ まず、

あなたが「嫌いな人」を一人思い浮かべてください。

 

❷ あなたは、その人の「どこ」が嫌いなのですか?

 

例えば、

“不平不満ばかり言うところ”

“人の悪口を言うところ”

“ぶりっ子なところ”

“わがままで自己中なところ”…

 

などなど。

 

❸ その「嫌いな部分」は、

実はあなたが「自分にもある」と思っていて、

自分を責めている部分です。

 

***

 

さあ、❶❷まではいいのですが、

反応が分かれるのは、❸✨

 

”その「嫌いな部分」は、

実はあなたが「自分にもある」と思っていて、

自分を責めている部分です。”

 

と言われた時、

あなたは次のうちどちらの反応をしますか?

 

① 「確かに、私にもそう言うところがあるな」と納得する

 

OR

 

②「とんでもない!私は絶対にそんな人じゃない!

そんな人になるくらいなら死んだほうがマシだ!」と思う

 

どちらでしょうか?🌷

 

①の反応の場合は、

その「投影」に関して、

ある程度自分でも認識しているので、

 

その先の癒しへそのまま進んでいけます😇✨

➡︎ 投影の法則を「癒し」に活用する方法【投影について❸】

 

 

じゃあ、②の反応は一体なに?

 

「投影」の法則が当てはまっていないのか?

と言うと、

そんなことはありません🌎✨

 

「ここだけ重力働いてないから気をつけてね〜」

なんてことが日常にないのと同じで、

「投影」の法則も、常に常に”例外なく”働いています。

 

じゃあ、②の反応はなぜ起こるのか?

なぜ自覚がないのか?

 

と言うと。

 

それは、

 

その「投影」について、

『補償行為をして生きてきている』からです。

 

 

『補償行為』というのは、

 

「自分は〇〇だ」という観念に対して、

あまりに耐えられないので、

その逆のイメージで補償しようとすること🌻

 

例えば、

「自分は悪人だ」と強く思っている人ほど、

その逆のイメージ「いい人」を演じることで、

自分を保っています。

 

「自分は意地悪な人だ」と強く思っている人ほど、

その逆のイメージ「やさしい人」を演じることで、

自分を保っています。

 

自分に対する耐えられないイメージを、

隠して、土に埋めて、誰にも見つからないようにして、

その上に全く逆のイメージを乗せてカモフラージュする。

 

これが、『補償行為』です✨

 

なので、

②の反応に当てはまる場合は、

 

その「投影」の項目について、

あまりに自分への批判が強くて、

耐えられないので、

 

『補償行為』によって真逆の行動をしてきた、

ものすごく努力をして、

真逆の人間として生きてきた。

 

だから、

「ピンとこない」むしろ

「自分はそんなのとは全く真逆の人間だ」と思うわけですね✨

 

***

 

まとめると、

「投影」のワーク⬇︎

 

あなたが「嫌いな人」を一人思い浮かべる。

その人の「どこ」が嫌いなのか?

その「嫌いな部分」は、

実はあなたが「自分にもある」と思っていて、

自分を責めている部分です。

 

をやった上で、

 

「確かに自分にもあるなぁ」と思う場合はそれでOK✨

癒しに進みましょう。

➡︎ 投影の法則を「癒し」に活用する方法【投影について❸】

 

「全く思い当たらない。絶対自分にそんなところはない」

と思う場合もそれでOK✨

 

ただ、

 

実は『補償行為』をして生きてこなかったか?

一生懸命努力して、

「そうならないように」頑張ってこなかったか?

 

と改めて振り返ってみましょう😊

 

もしそんな気がするのなら、

「あぁ、もしかしたら、

自分の嫌なところを隠すために、

今まで必死に頑張ってきたのかもしれないなぁ」

 

「そうだったんだね」

とただ認めてあげる❤️

 

本当の自分(だと思っている)を隠すために、

誰にもバレないように、

真逆の人になろうとするって、

 

相当エネルギーがいります😀

 

だって、

本当はあなたは女なのに、

男のフリをして、バレないように生きるのって、

めちゃくちゃ大変じゃないですか?

 

それと全く同じことを、

ずーっとやっているんです。

そりゃ、疲れるわけです😉

 

それに気づいて、

「あーそうかもなぁ」

「すごい頑張ってきたんだな…」

 

と思えたら、さ、

癒しへ進みましょう❤️

➡︎ 投影の法則を「癒し」に活用する方法【投影について❸】

 

【特別企画】無料プレゼント!こちらから👇

ワークブック

毎月7名限定❤︎無料オラクルカードリーディング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

MIE AZUMA*

ビジョン心理学リレーションシップセラピスト。 1994年6月25日生まれ。北海道札幌市在住。 HSP・エンパス気質で幼少期から自分を嫌い、生きづらさに苦しむ。精神疾患と不登校を経験。 スピリチュアルと心理学の融合「ビジョン心理学」との出会いをきっかけに、人間の深層心理と癒しに向き合い、自己愛が高まったことで人生が大きく好転。 現在は、HSP・エンパスが自分を愛し幸せに生きる道を示すため、個人セッションやイベント/ブログ/SNSなどで活動中。