「自分が嫌い、愛せない」をくり返す本当の理由

天使

昔から、自分のことが嫌いで嫌いで、
責めて攻撃してボコボコにして生きてきて、

しかも、そんなことしてるなんて全く気がついてなかった私😂

それが当たり前だったからね。

 

でもあるステキな人生の恩師に出会って、
「自分を愛する」というテーマに初めて気がついた。

それからずっと取り組んできてはや2年が経つのです✨

 

うん、確実に「自分を愛する」っていう感覚はわかるようになってきた。

 

でもやっぱりふとすると自分を責めてしまってて、自分にダメ出して、
最後には存在すら否定なんかしちゃって、

あ〜もう生きてるのシンドイ…って繰り返すことがある。

 

そういう時って、

なんで繰り返すんだろう。
なんでいつまでも変われないんだろう。
なんでいつまでも苦しいんだろう。

もういい加減にしてよっ!!!って、
余計自分を責めちゃうよね。

 

でも、この前あまりにも下がったんで、
あるギフトを受け取ったんです✨

 

『わたし、本当は自分のこと好きになりたくないんだ』

『わたし、本当は自分のこと苦しめていたいんだ!!』

 

と。

 

そしたら、
今までのいろんなことが頭の中でバーンってつながって、

「あ、そうだったのねわたし!」ってスゴーーク心が軽くなった✨

 

どういうことか??

わたしは、

「自分のことを愛さない」という手法を使って「自分に罰を与えていた」んです。

 

なんで罰を与えるのか?

それは、自分を「罪人」だと思っているから。

「こんな罪深いわたしには罰を与えないといけない」って思っているから。

 

じゃあ一体いつから、
どうして自分を「罪人」って思っているのか?

多分、ずっとずっと小さい頃から。

両親を幸せにしたかったのに、
できなかったから。

 

『かみさまとのやくそく』という映画でもあるけれど、

「子供はみんなお母さんを幸せにするために生まれてきた」そうですよね。

 

でも、わたしの母は(父も)幸せそうには見えなかった。

だって、喧嘩ばかりしてたし。

父も母もそれぞれ持病があって、
義理の両親との関係にも悩んでいた。

ふたりとも、すごーく辛そうだった。

 

それ、わたしのせい。

わたしは大好きな両親を救ってあげられなかった。

だから、わたしは罪人。

この罪悪感には耐え切れない。

だから、自分に罰を与えよう。

「自分を愛する、自分に愛を与える」という最もすばらしい幸福を禁じよう。

そして辛い状況にいつまでも身を置いて苦しむがいい…!😈

 

なんて、かなりダークなストーリーを持っていたのです✨

 

でもそれって、
ある意味すごいことだよね。

だって、それだけ本気で両親を幸せにしたかったんだもん。

それだけ本気で両親を愛していたんだもん。

 

すごい、自分すごい‼️

半端ない覚悟。

 

そして、「自分を愛せない」っていうのは、

自分が弱いからでも不器用だからでもなく、

自分で選んでそうしていたんだ、ということ。

 

だからこそこれからは、「それを選ばない」っていうこともできるのです✨

もちろん、それ(自分に罰を与えること)を選び続けてもいいんだけどね。

 

だから「自分を愛そう、愛さなきゃ」って力んでた力を抜いて、

まずは「両親を救えなかった」という罪悪感に苦しんでいる

小さな自分を許してあげることにしました☺️

 

それがたぶん、

最も根本に近い癒しかなって思います。

 

【 今日のつぶやき 】

でもさ、なんだかんだいって

親が幸せそうだとうれしいのよね、やっぱり✨

過剰に償うのだけやめたらもっと楽だよね☺️

【特別企画】無料プレゼント!こちらから👇

自分を愛する実践! 6つの魔法のワークブック-2

毎月7名限定❤︎無料オラクルカードリーディング

ABOUTこの記事をかいた人

MIE AZUMA*

ビジョン心理学リレーションシップセラピスト。 1994年6月25日生まれ。北海道札幌市在住。 HSP・エンパス気質で幼少期から自分を嫌い、生きづらさに苦しむ。精神疾患と不登校を経験。 スピリチュアルと心理学の融合「ビジョン心理学」との出会いをきっかけに、人間の深層心理と癒しに向き合い、自己愛が高まったことで人生が大きく好転。 現在は、HSP・エンパスが自分を愛し幸せに生きる道を示すため、個人セッションやイベント/ブログ/SNSなどで活動中。