人を大切に思う気持ち。ふと感じたこと

『自分の小さな「箱」から脱出する方法(大和書房)』という本を読みました✨

 

その中に、

「他人をあるがままの人間としてみている」状態と

「他人を歪んだ目でみていて、物としか思っていない」状態が説明されています。

 

これ、すごく納得しました😁

 

気がつくといつも、

地位、収入、職業、学歴、見た目、性別

とか

過去の自分の経験から

「こういう人苦手」

「こういう人ってめんどくさそう」

って勝手に決めている。

 

「他人は信用できなものだ」

「他人は自分を非難してくる厄介者だ」

って勝手にブロックを張っていることもある。

 

人を「物」だと思っている状態✨

 

でも、本当はありのままのその人を「一人の人」としてまっすぐに見られるようになりたいですよね👀

私もこれは一生かけた目標✨

 

ドラマとかで、

明らかに悪役ですっっごく性格が悪くて、「何こいつ!!」って主人公がイライラする人がいますよね。

 

でも最終回近くまで見ていくと、

本当は過去に辛いことがあったりとか、
本当は必死に守りたいものがあったりするって気がついて、

「そうだったんだ…」ってなる場面🌻

 

私たちの人生に登場する「いやだな〜」と思う人も、本当はみんなそうなんですよね。

 

本当はみんな、いろいろ抱えて、
それでも一生懸命生きている人。

 

そう思った時ふと、

今まで思ったことのない温かな感覚が全身を包みました✨

 

私がそうであるように、
この人たち一人一人にも帰る家があるんだ。

私がそうであるように、
この人たち一人一人にも、

愛する大切な人がいて、家族がいて、守りたい人がいるんだ。

私がそうだったように、
この人たち一人一人が、

子どもの頃、気づいても気づかなくても、

たくさんの大人達に愛情を与えられて、大切に育てられてきたんだ。

私も、みんなも、一生懸命生きているんだ。

 

こうやって文字にすると、
ただのかっこつけた詩みたいになっちゃうけど😂

 

心から味わってそう思えると、

すごーく心があったかくなって、

「物」じゃなくて「人」として見られる瞬間がある。

 

とてもシンプルで当たり前のことだけど、

いつもは自分の価値観のレンズをかけて、
完全に忘れちゃますよね…。

 

でもいいんです‼️

一度心からそう思えた「体感」は、
一度も体感していないのとは雲泥の差。

 

経験して、忘れて、

また経験して、忘れて。

 

繰り返して、いつかはこれが、

私の「人」に対する価値観になるように☺️

 

【 今日のつぶやき 】

手作りのニッコニコさんたち😊

アクリルたわしっていうやつ。

軽い汚れなら、洗剤をつけなくても食器がきれいに洗えるんです✨

癒されるし、エコですね。

自己愛無料レッスンモニター募集中❤️

【特別企画】無料プレゼント!こちらから👇

ABOUTこの記事をかいた人

MIE AZUMA*

ビジョン心理学リレーションシップセラピスト。 1994年6月25日生まれ。北海道札幌市在住。 HSP・エンパス気質で幼少期から自分を嫌い、生きづらさに苦しむ。精神疾患と不登校を経験。 スピリチュアルと心理学の融合「ビジョン心理学」との出会いをきっかけに、人間の深層心理と癒しに向き合い、自己愛が高まったことで人生が大きく好転。 現在は、HSP・エンパスが自分を愛し幸せに生きる道を示すため、個人セッションやイベント/ブログ/SNSなどで活動中。