他人を評価してしまうのはなぜか?その仕組みと抜け出す方法

「あんなことして、あの人って本当ダメね」

「わーああいう人ってありえない」

 

って、「他人を評価する」クセを多くの人が持っています。

 

「目覚め」に向けて進化向上が進んでいる方はもうお気づきかもしれませんが、

他人を評価しても自分は幸せになれません。

 

私たちが向かう次世代の地球は、

「どんな人でもオッケー」という次元です。

 

でも、

 

わかってても、

どうしても気がつくと他人を評価してしまう。

抜け出したいのに、そんな自分から抜け出せない。

 

今日はそんな方へのメッセージです✨

 

 

まず一つ、どんなことにも当てはまる法則をご紹介しますね。

 

それは、

「自分にできないことは他人にもできない」

「他人にできないことは自分にもできていない」

 

という法則です。

 

一言で言うと、ワンネス。

「自分は自分以外のすべてであり、自分以外のすべては自分である」という法則からきています。

 

 

だとすると…

今回のテーマ

「他人を評価してしまう」という時に起こっていること。

 

それはただ一つ、

「あなた自身が、あなたを評価している」

ということなのです。

 

??????

という方、大丈夫です☺️

今は、以下のことだけ知っておきましょう。

 

 

「もしあなたが他人を評価してしまうのなら、

それは、あなたがあなた自身を評価しているから」

 

であり、

 

「あなたがあなた自身を評価することをやめた時、

自然と他人を評価することもなくなる」

 

ということです。

 

少し伝わったでしょうか?🌻

 

「他人」と「自分」

とにかくこの2つにつながりがあるということを知っておくだけでも、見える世界がガラッと変わります。

 

 

例えば、

「毎日他人を評価し、他人に✖️をつけてイライラしている」

という人は、それと同じだけ

「毎日自分を評価し、自分に✖️をつけて責めている」

ということです。

 

ここまでくれば、

もうどうすればいいかは言うまでもないかもしれません☺️

 

 

他人を評価するのをやめるためには、

 

まず、自分を評価することをやめ、

どんな自分にも⭕️をつけてあげる練習をしましょう!✨

 

自分を評価することをやめる方法、

どんな自分にも⭕️をつけてあげる具体的な方法については、

また次回詳しく書こうと思います😘

 

 

自己愛無料レッスンモニター募集中❤️

【特別企画】無料プレゼント!こちらから👇

ABOUTこの記事をかいた人

MIE AZUMA*

ビジョン心理学リレーションシップセラピスト。 1994年6月25日生まれ。北海道札幌市在住。 HSP・エンパス気質で幼少期から自分を嫌い、生きづらさに苦しむ。精神疾患と不登校を経験。 スピリチュアルと心理学の融合「ビジョン心理学」との出会いをきっかけに、人間の深層心理と癒しに向き合い、自己愛が高まったことで人生が大きく好転。 現在は、HSP・エンパスが自分を愛し幸せに生きる道を示すため、個人セッションやイベント/ブログ/SNSなどで活動中。